産業廃棄物収集運搬 海上コンテナ輸送はつくば市の野原運輸へ

メールでのお問い合わせ

産業廃棄物・い一般輸送029-872-8223/海上コンテナ輸送029-886-5016

事業内容

産業廃棄物収集運搬業

地球にやさしい循環システム

img_01

弊社、有限会社野原運輸の主な業務は、いわゆる「産業廃棄物の運送業」です。
産業廃棄物の処理を業者に委託したい人と、産業廃棄物の処理を受託する業者の間で、お金をもらって他人の産業廃棄物を運搬する仕事です。
産業廃棄物収集運搬業は、運ぶものが「産業廃棄物」ですので、当然、普通の運送業とは異なり、運搬物の扱いに対して厳格な基準が定められています。 弊社では、食品残渣・汚泥の収集運搬・飼料や堆肥の配送など、産業廃棄物循環型システムの一端を担い、「産業廃棄物を大地へ返すこと」を常に考えております。
弊社で収集運搬された食品残渣は、すべて産業廃棄物循環型システムを通して、出来るだけゴミとなる部分をなくし、地球にやさしいリサイクルを行います。

img_02

弊社が推奨する産業廃棄物循環型システムは、食品会社からでる食品残渣・汚泥などの廃棄物も資源と考え、食品の再生利用に貢献する企業、食品リサイクルに関わる事業の一端を担っております。
食品リサイクル施設で作られた堆肥を介し、牧場や耕種農家へリサイクルする環境にやさしいシステムを推奨しております。

img_03

リサイクルシステム

  1. 食品残渣・汚泥の分別 食品工場から収集運搬された食品残渣は、中間処理場に協力頂いて、飼料化する原料と堆肥化する原料に分けられます。
  2. 飼料製造 飼料化原料は、飼料製造工場へ運搬し、牛のえさへと加工されます。加工された飼料は、各牧場へ配送されます。
  3. 堆肥化 堆肥化原料では、牧場から排出される牛糞と共に堆肥化し、さらに牧場の牛床用と完熟堆肥へと分けられ、牛床は牧場へ、完熟堆肥は耕種農家へそれぞれ配送されます。

収集運搬可能な産業廃棄物

img_04

海上コンテナ輸送

img_01

海上コンテナ輸送は、現在の国際物流において重要な役割を果たしています。
輸出入貨物の中でも、工業用原材料をはじめ日用品や食料品といった日常生活に欠かすことのできない多くの物流を担っています。
当社では安全・迅速・確実な輸送を第一とし、日々変化する時代のニーズに応えるべく、港から保管庫・配送までの各種シャーシで、お客様のニーズにフレキシブルに対応します。

国際海上コンテナ輸送の流れ

収集運搬可能な産業廃棄物

  • img_03

    茨城本社
    本社に集められたコンテナを大切なお客様のもとへお届けします。

  • img_04

    東京車庫
    東京・有明に車庫を持つことで、コンテナをスムーズにピックアップすることができます。

お見積り・料金などに関してはお気軽にお問合せ下さい。029-872-8223

page_top